東京大学中央食堂ぶらり脳内刺激を得る旅

東大

本日は晴天の中、少しオツムの中をリフレッシュすべく、知的刺激が得られる場所を散策してみました。

どうせなら、ハイレベルな知的刺激を得ようと、東京大学の本郷キャンパスへ・・・

すると、正門でいきなり『関係者以外立ち入り禁止』のよくあるパターン(*_*)

関係者以外立入禁止


しかし、門から中を覗いてみると、どう見ても関係者とは思えない親子連れを始め、老若男女がゆったりと公園を散策しているかの様子です。

警官としか思えないなりをした門番の隣を、するりといかにも関係者を装って入ってみました。

とても時代と重厚さを感じる建築物

東大建物

そして、風が爽やかに空気自体も一段と気持ちよく感じられるテラスもあり。

テラス 東大

そのまま、赤門まで大学構内を歩いてみると

大学構内からの赤門
赤門 大学構内から

道路側から見た赤門
赤門 外側から

そして・・・
なるほど、東大赤門の所以はこれにありか。

赤門の由来

なんだか腹が減ってきて、構内の中央に突き進んでいくと、

東大正門

工事中ながら安田講堂がお目見えです。

安田講堂

おっ!?
食堂発見!

どうやら地下にあるようで、本日休日ながらも営業中なり。

しかし大学関係者しかいないはずなのに大丈夫かな・・・としかし、おなかペコペコだし構わず階段を下りていきました。

東大中央食堂

この写真(↓)以外に実はもうひとつメニューがあって、肝心のモノだったのですがフォトがボケボケでしてどうにもここに紹介できません。

東大中央食堂 メニュー

しかし、それにしても安い。

学食は安くてそこそこにうまいという観念が、私自身も学生時代に経験し沁みついてます。

味は・・・親子丼の定食510円
まずまずでした(笑)


しかし驚いたのは、その食堂では・・・おお!

赤ちゃんを連れている夫婦
恋人同士
学生っぽい人
どっかの先生ぽい人
おそらく近所のおじさん

東大中央食堂

東大中央食堂

どうみても大学関係者の比率が極小でして、こういう隠れ家食堂が都内にあったとは。

しかも東京大学中央食堂なる、都内ど真ん中にこのような憩いの場があったとは。

驚きですよ。静かでレトロで重厚さもあって、味も悪くないですし。
休日なら、閑散として落ち着いて家族でランチもいいかもです。
というよりほとんどがそう見える人々ばかり。

遠方から都内へ来られた際には是非、東大中央食堂に向かってみませう!

ということで、とても脳内刺激に溢れた充実した時間を過ごせました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

  1. 2014/6/21

    omologスタート
過去の記事

Feedlyはこちらから

follow us in feedly
WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 

ピックアップ記事

  1. Shakira
    前回の記事でこちらの南米ブラジルからのテーマ(↓)を書いたので、この流れのままもう一発。。。…
  2. RX10M2
    速写ストラップって? 普通、デジタルカメラを購入するとストラップが付属でついていますね…
  3. パスワードの
    米国発Mediumの記事に、とても実践的・実用的でなんとも素敵な話を見つけました。 原…
  4. FIFA トロフィー
    2014 FIFAワールドカップ Brazilも、2014年7月14日に優勝戦です。 …
  5. α7s
    カメラというか写真というか・・・肉眼で見えるものをキレイに写すだけ のものではないという鉄…
ページ上部へ戻る